スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ローブシンについて(使用側目線)

こんばんわ^^


今日はちょっとローブシンについてです。


よく「ローブシン強化しすぎ!!」とか「対策しようが無い;;」とか聞きますが、


今回は対策云々の話ではなく、使用する側からの話。


推してきた鉢巻寝言ブシンが動きづらくなってきたので、考え方が変わったということに加えて


ついでに僕のローブシンの推移みたいな。


まず今あるローブシンの型としては大きく分けて


1、火炎毒々玉持ち根性ブシン

2、鉢巻ブシン

3、鉄の拳ブシン

4、ビルドレインブシン


この4つくらいでしょうね(僕の場合先制の爪ブシンも)。


一般論ではなくて僕の個人的な考えなんですが、


基本的にどの構築においても自分はローブシンを対砂のエースとして運用しているのですが


このコンセプトからいくと自分的には根性ベースのブシンしか有り得ないと思っています(くどいようですが僕視点だと)。


理由としては、まず玉持ちブシンの場合発動に1ターンかかるので火力がでるまでに時間がかかってしまう、


しかしこれは基本的に砂に後投げとかが多いのでそう問題はないのですが、


なにより砂ダメと状態異常のダメによるダメージスピードが速すぎる;;


ドレパンで誤魔化せそうな気もしますが、砂下では自分だけでなく相手もローブシンであることは非常に多いので、


ミラー相手だとかなりきついものがあります。


またドレパンが入るといっても、Sの遅さからパンチが後手に回るので、前ターンにHP削れていると結構処理されてしまいます。


そして鉄の拳の場合。


マッハパンチにも補整がかかるので、持ち物と相手の振り方にもよりますが、


マッハパンチでドリュウズを確定1にもっていけます。


またアイテム制限がないため、かなり柔軟な型ではあるのですが、


先ほどもいったように後だしが多いので、


繰り出し際にバンギに電磁波入れられたら話しにならないですよね


(とはいえ鉄の拳補整で火力はあり、麻痺バグ以外に問題はないのでそこまでな気もしますが)


麻痺バグで行動不能な分を根性であれば火力で取り戻せるので、


安心して電磁波受けれるためにも根性を推しているのです。


そして根性ベースのあと考えたのは、先ほども上げたミラーについて。


砂に出す以上ミラーは避けられないので、そのために採用したのが鉢巻ブシン。


玉と違い場に出したその瞬間から最高火力で殴れるのは大きいし、


ミラーに対してはドレパンぶっぱしているだけでほとんど勝てます。(経験上)


一回ビルドレイン型と殴り合いになって、そのときは運よく突破しましたが、


あれはちょっときついような気がします;;


ということは今 鉢巻ブシン≦ビルドレイン型


っぽいので採用すればいいかというとそうではなくて


バンギの電磁波受けた状態でビルド積もうとするのはちょっとリスキーであるし、


そもそも砂に後だしの観点からそう積んでいる余裕はないので、圧力をかける面からも


火力の即効性のある鉢巻ブシンのほうがその面では優秀です。


上記をまとめて、自分が使う際は鉢巻根性ブシンが最有力としています。


さらに加えて、シーズン6の時には、


テクニガッサの横行でガッサより遅いローブシンは起点となってしまいそうだったので、


根性とも相性の良い寝言の採用に至りました。


結果的に当時は逆にキノガッサを起点に超重火力で押し切る形にもでき、


勝率を上げる大きな要因となりました。


超重火力についてはコチラ→「鉢巻+α火力の崩し性能を期待しながら再確認してみた


とここまでが前置き(笑


こっから鉢巻ローブシンが使いにくくなった理由。


テクニガッサがはやっているときから予見していた人もいたのですが、


ポイヒ型の帰還。


ある程度テクニ型が落ち着いてきてポイズンヒールの型の数も戻ってきたところ、


この根性寝言ブシンが動き辛くなってしまいました。


ガッサにSが負けているため寝言を身代わり連打でかわされて起点にされてしまうためですね。


ここで拘っていると起きるまで身代わり粘られて詰み状態になってしまうので、


キノガッサ相手に今まで通り思考停止でローブシンを投げるのはリスクが高すぎる状況になったというわけです。


基本的にキノガッサの対策をしていないパーティでは勝率は間違いなく伸びないと思うのでどうにか策を講じたい(別にローブシンに拘る必要はないんですがw)


ということで急遽採用したのが爪ブシン。


20%の確立で先制となるこのアイテムなんですが、耐久あるので自然と技を打つ回数が多いのでパーセンテージはそう問題ではなく、


またまず持ち物はばれないので奇襲性〇ということで回して見たのが偽装バンドリのローブシン。


弱くはなかったんですがイマイチ持ち物がもったいない感じがして、


そして最終的に落ち着いたのがプレート。


プレートのおかげで根性マッパでドリュウズが乱数から確定へずれ込みますし、


ハッサムもH252程度までなら高乱数2発、ガブリアスもASぶっぱなら高乱数で2発


バンギラスについてはASなら超高乱数1発までいけるので


結構優秀かなとおもっています。


仮想の調整がちょっと甘いですが、なんにせよ技の2つが恩恵を受け、またドレパンの回復量が増えるのは


乱数ずれたりして結構重要だと思うので採用理由は十分だと思います。


それと基本的にブシン1体を軸に催眠対策する場合にプレートブシンがいいと思っていますが、


同時選出で催眠へのカードがブシン含め2枚あるならば鉢巻で問題ないと思っています。


ちなみに先日プレートブシンでもレートもぐってみたんですが、


身動きのとりやすいプレートローブシンは使いやすくって満足でした。


それよりも全然対戦をやっていなかったので勘もにぶりまくっているだろうと思ったんですが、


偽装構築だと選出しばれているだけに読みやすくて、改めて使いやすさを実感しました。


ただその数戦の中で、果たして本当にココドラが必要なのかちょっと疑問に思ったので、


もうちょっと数やって微調整していきたいと思います。


まとまりがわるいですがこの辺で^^


そういえばオボンブシンなんてのもいたな;;


もうめんどくさいのでご勘弁。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。
プレートブシンですか。新しいですね!
確かににんじんさんの偽装ユキトド使っていて、「ブシンがしばってなければ、倒せたのに><」っていうことがありました

「プレート?なにそれ?アルセの着色料?」とか思っていたので、プレート使って見ますね!

ところで、偽装ユキトド使っていて思ったのですが、格闘(ハリテとか)がキツいのですが、どのように対処すればよろしいですか?

勉強お忙しいときにすみません。

No title

>木星人さん
所詮にわかトレーナーですので説得力のある説明はできないんですが、
鉢巻ブシンでミラーブシンを後だしからも狩れた、といっていたように
ほとんどの格闘はブシン(砂に混ざっていることが多いのでガブも)で見ていたと思います。

ユキトドははめれると思ったときに使う程度なので、他の4体で組んだ際はそんなに格闘を重いと思わなかったので、現在ポケモン自体そうやれてないことも相まって正直なところ良く分からない、というよりかよく覚えてないというのが本音です;;

ブシン1体に任せるといった構築の無理をつくっていることからも分かるように、僕のあげている構築はどれも煮詰め切れていないものなので(50戦しかやってないので)、僕のが完成形ではなく欠陥を修正しながら自分色に染めていってほしいです。

お役に立てずすいません;;

No title

お忙しいところ返信していただき、すみません。

そうですよね。
自分の戦い方をするのがポケモンですよね。
少しテンプレや他の人に頼りすぎてしまったようです;
目を覚まさせて頂きありがとうございます!

自分の戦い方を研究し、育成していく所存でございます。その過程でにんじんさんや、他の方の考察を参考にさせて頂きたいと思います。

No title

>木星人さん
僕自身選出へたくそで、他のブログの方のように
しっかりした回答ができず、力になれないという意味あいでいったつもりでしたのでお気になさらず!

もっと完成度の高いパーティを作れるようがんばります!
ブロとも一覧

あずまりおどっとこむ!

ベクの湯  ポケモンタイプ統一パ考察/育成論 XY

努力値を幸運に252振り

たまらしぃって鮮度がだいじ!

ととののんきなポケモン日誌
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。