スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブウェイダブル用雨パ


どうも^^


今日はサブウェイダブル用パーティを紹介したいと思います。


前置きですが


以前サブウェイやったときいろいろ調べて


雨パがいいなーってことになって、


サイトのパーティまんまでやってみたんですが


うまくいかなかったので自分なりに勝てるよう組みなおしたのが今回のパーティです


ちなみにどこまでいったのか?といわれると


171連勝ですw(スターの実もらえなかった)


205連勝いってないパーティ説得力ないかもしれませんが、


言い訳をいわせてもらいます!


負けたのは、





途中から余裕すぎてもう足でやってたから!!





・・・まぁ足はちょっと盛りましたが


ほんとに余裕すぎて150連勝越えたあたりから、他ごとやりながら、というかサブウェイが他ごとな感じでやっていまして


ある日操作ミスとサブウェイクオリティのダブルパンチくらって負けたんです。


それくらい余裕なんで紹介します。


負けたときの時間無駄にした感ハンパなくて


それが怖いので次はまた機会があるときにスターの実とりにいきます。


ざっとの紹介しかしないので個別の考察についてはまた書きます。


※10/28追記 ポケモン名をクリックするとその詳細を見ることができます。


ニョロトノ

ニョロトノ

特性  あめふらし

技構成 れいとうビーム/なみのり/ほろびのうた/まもる

持ち物 リンドの実


ドグロック


ドクロッグ

特性  乾燥肌

技構成 けたぐり/ねこだまし/ふいうち/まもる

持ち物 気合の襷


ランターン


ランターン

特性  蓄電

技構成 なみのり/れいとうビーム/かみなり/ボルトチェンジ

持ち物 拘り眼鏡


ルンパッパ


ルンパッパ

特性  すいすい

技構成 ギガドレイン/なみのり/れいとうビーム/まもる

持ち物 命の珠


まず、サブウェイをやる上で注意しなければならないのがサブウェイクオリティの存在。


サブウェイクオリティとは簡単に言えば運ゲの運がサブウェイ側に傾いているということ(別に数値を裏でいじられてるわけではないよ?タブン)


主にこの3つ!

・相手の一撃技の命中率は90%!!

・相手のポケモンの急所ランクは最初から2ランクup!!

・相手のかげぶんしんは回避率3段階up!!

※事実ではありません。


ほんとにこのくらいのつもりで行動しないとさすがに負けます。


だからサブウェイはシングルよりダブルのほうが勝ちやすいと思います。


シングルだと急所とかでの立ち直りがきついので;;


心得はこんなもんでパーティの説明いれます。


まず機動要員のニョロトノとドグロックが先発です。


基本的にサブウェイでは一気に集中攻撃するよりかは


1体の動きを止めつつ、またはこちらの1体をガードしつつつぶしていくのがポイントです。


相手がどちらに攻撃がくるかがだいたいはわかるのでそっちをガードしておけば、こちらは1体のなみのりで相手2体を攻撃できます。


こんな感じで丁寧に行動していくのが大事だと思います。


雨が弱いのは電気と草です。


これに対する処理がおくれたり、アドとられたりすると負けにつながるので


迅速に対応できるように考えたのがトノのリンドとランターンです。


特にトノのリンドについては、普通草を受けるためルンパに負担をかけなければいけなくなってしまうところを


こいつで処理できるのは大きいです。


ランターンはいうまでもありません。


電気来たらトノと代えてやれば余裕です。


厄介なのは相手の天候ですが、バンギ、ノオーはドグロックのけたぐりで確定1発なのでトノひ退きつつのけたぐりで問題ないと思います


このパーティは、極力危機に陥らないようにできるようつくりました


普通に戦ってれば、200戦やってもこちら残り1体となる場面は2,3回しかないはずです。(200戦いってませんがw)


かなり安定するパーティだと思うので、スターの実がほしい場合はお試しあれ!


このパーティにおけるより詳しい個別の役割についてはまた記載します。


では^^









コメントの投稿

非公開コメント

ブロとも一覧

あずまりおどっとこむ!

ベクの湯  ポケモンタイプ統一パ考察/育成論 XY

努力値を幸運に252振り

たまらし いしあたまらしい!▼

ととののんきなポケモン日誌
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。