スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽装用バンギラス

こんばんわ^^


偽装バンドリ構築のメンツの紹介をしていきます。


とりあえずパーティ全体の概要はコチラ「偽装バンドリ構築

ではいきます


バンギラス

バンギラス

性格  せっかち

特性  砂起こし

個体値 31 31 31 31 31 31

努力値 4 4 0 252 4 244

技構成 岩雪崩/雷/電磁波/火炎放射or大文字

持ち物 気合の襷

与ダメ 補整なしH252ニョロトノ 雷確定2発(オボンで確定ずれ)

    補整ありH252D252ハッサム 大文字確定1発

    上記のハッサム かえんほうしゃ確定2発

    補整なしHD252ナットレイ 大文字中乱数1発

被ダメ 補整なしC252C1段階上昇ウルガモス むしのさざめき中乱数くらい耐え


s・・・準速ガッサ抜き



今回は少し異型よりのバンギラスです。


一般的に使える個体ではなくあくまでもこの偽装構築のなかでの役割重視の型にしました。


今回の構築の中で一番型説明がいるポケモンですね。


予想していたとおり砂を見ると相手はかなり選出を砂向けにしてくるようで、


こちらも真正面から砂でぶつかっていくと辛い試合となります。


実際自分が砂とあたる際でもかなり意識しますし。


それと個人的には砂相手にはしっかり対砂の選出をすれば結構安定して勝利できるものと思っているので、(実際対砂にあまり負けませんし)


特にこの構築で砂選出するのは分が悪いですね。


というわけで自然とバンギラスを選出する機会が絞られるわけです。


具体的にどういったパーティに選出するかというと


ナットレイがいたときはハッサム等の入った雨パにでしたが


現在はいないので雨全体に選出することになります。


ほぼ雨限定ですね。


対策されやすく、しかも砂の恩恵をあまり受けないこのパーティでいたづらに選出回数増やすのは負け筋増やすだけです。


ハッサムあたりが先手でくるのがもっともおいしい形ですが


基本的に天候もらいに後だししてくるトノ警戒で電磁波うっとくのが安定でしょうか


後だしトノに電磁波、雷いれて被ねっとう(ドロポン)、襷耐えから雷いれておちの流れですね。


バンギラスでニョロトノと1:1交換を意識して動くのがポイントでした。


トノが食べ残し、オボンもっていることも多く確定2をずらされることがあるのが欠点でしたが、


十分機能していたと思いますね。


バンギ対策にくる鋼等は先行かえんほうしゃで処理、格闘はナンスでキャッチ、後だしトノと1:1交換+HP1で温存(天候奪取兼拘り解除の中継用)、


これがこのバンギラスの役割です。


岩雪崩はガモス対策に投入、いざとなったらまひるみで強引に突破もできますし。


説明はこんなもんですね。


役割はっきりしていて使いやすかったですが、


できれば性格補整かけてトノをオボン込みでも確定2にもっていけるとよりいっそう使いやすいと思うんですが、


大方のハッサムには先手をとれるようにしたいのでどうしてもSを削れずにいるっていうところです。


補整なしS216までのハッサムなら補整きって252振りすればぬけるのですが、


ハッサムのSはどのくらいに調整されることが多いのか良くわかんないので怖くてできないです;;


ですが理想としては性格C補整のS252振りがいいですね。


一回作ってみて実際やってみようと思います。


以上で終わります。
スポンサーサイト
ブロとも一覧

あずまりおどっとこむ!

ベクの湯  ポケモンタイプ統一パ考察/育成論 XY

努力値を幸運に252振り

たまらしぃって鮮度がだいじ!

ととののんきなポケモン日誌
リンク
カテゴリ
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。